夏の肌と付き合う

| 美容 |

この季節、とにかく油断をするとすぐに肌が焼けてしまいます。日焼けをしても、黒くならずに赤くなって終わりというかたもいれば、すぐに黒くなってしまうという方もいらっしゃいますよね。いずれにせよ、やはり日焼け止めは、とても大事なスキンケアです。

真夏は、お肌のお手入れも丁寧にしていくことがおすすめです。一見、肌のトラブルが少ないように感じる夏ですが、実際には夏というのは肌もダメージを受けやすい季節です。いつもと同じように、丁寧にスキンケアを行いましょう。綺麗な肌を目指すのであれば、夏はとにかく肌を清潔にするということを意識してくださいね。

ヨゴレが毛穴に詰まりやすい季節ですし、透き通ったようなお肌を目指すためにもヨゴレは残さないようにしましょう。また、冷房の影響もかなり受ける時期です。お肌の保湿が不足していることも多くなりますので、積極的に保湿を行い、潤いを保っていられるようにすることが安心です。

が開きやすいので、ヨゴレをしっかりととったあとは十分に毛穴を引き締めることも大切です。身体が夏になると夏バテをしてしまうように、お肌も見えない夏バテをすることがあると思います。加齢とともにシミもできやすくなってきますし、早め早めに肌にあったスキンケアを丁寧にしておくことはとても大切なのです。

 

大人のニキビ

| ニキビケア |

毛穴の汚れや黒ずみ対策は正しくクレンジングや洗顔をすることがポイント。メイクは毛穴やお肌にとっても負担をかけているから、お家に帰ったら早く落としてあげるといいですね。

大人ニキビ【予防とスキンケア】

普段しっかりメイクなどしない私でも、夕方すぎるとお顔がテカッてむしろ汚れてきている気がします。素顔のときも汗をかいたりしていると、膜を張ったみたいになる感じがします。

そんな時は即洗顔です。メイクは必ず洗顔料ではなくクレンジングで化粧品に含まれる油分や顔料などを、落として肌へのトラブルにならないよう心がけます。その後は洗顔料を使って掌でしっかり泡立てたら、肌の上にのせてやさしく包み込むように泡を顔にのせて泡の力で汚れを浮かして落とすイメージがベストのようです。

ついついきれいにキュッキュッとやりたくなるのですが、これが実は毛穴のよごれ・黒ずみにつながるようです。ご注意ください!ぬるめのお湯で手早く洗い流せばすっきりお肌になれるとのことです。

朝と夜の2回で十分の洗顔です。あんまり何度も洗っていると肌のバリア機能を失ってしまい逆効果のようですね。皮脂の役割はお肌の水分をなるべく外へ出さないようにすることにもあります。

かさつきやしわやたるみなどの原因になってしまう可能性もあるので、必要以上にゴシゴシ洗ってばかりいるのは要注意です!洗顔料は毛穴のタイプによってもさまざまなものがあるらしいですが、マイルドな仕上がり効果が期待できる弱酸性のものがおすすめです。自分の使いやすいタイプを選ぶのもいいですね。

日焼け止めにも色々ありますが、私たちが日常使用しているもので多いのは、多分クリームタイプの日焼け止めではないでしょうか。

化粧の前に顔に塗る日焼け止めも、乳液タイプの商品が多いですよね。しかし今は沢山の日焼け止め商品が販売されています。まず女性にお勧めなのが「日焼け止めスプレー」です。日焼け止めスプレーの何が良いかと言いますと、それは化粧直しの際にはとても便利なのです。

普通に化粧直しをした後に、お化粧をした顔の上から軽くスプレーするだけでOKです。これらのスプレーは、顔はもちろんのこと、腕・首などにも使用できますから、外出先で簡単に使用することができます。私は常にバッグに一つ入れています。そして私がとても便利に思っているものが、もうひとつあります。我が家にはワンコがいるので、毎日の散歩はかかせません。

その散歩で役立つのが、「虫よけも出来る日焼け止め」です。夏場のお散歩では、蚊に食われたりしますよね。紫外線も気になるので、今までは日焼け止めをしてから、虫よけスプレーなどをしていたのです。しかしこの「虫よけ配合のスプレー」を見つけてからは、これを愛用するようになりました。

ちなみに私が使用しているのは「コッコロUVネイチャーガード」です。しっとりしているけどベタ付きはありません。アロマを使用しているので、安心して使うことができます。もちろんお子様にもOKです。探せばまだまだ色んな商品がありますから、皆さんにあった「便利なUVケア商品」を探してみてはいかがでしょう。

大切な洗顔

| 美容 |

オイリー肌や乾燥肌など、その方によって肌の状態も大きく差があります。肌のタイプに大きく関係しているのは、毎日の食事や生活習慣だと思います。よくデパートなどの化粧品売り場で肌質のチェックをしてもらうことがありますが、季節によってや体調によってなど、必ずしもそのときの肌質が続くというわけではないことをわすれたはいけません。

肌は、自分の知らないことろで毎日変化をしているはずなのです。そこで、毎日美しい肌でありたいと願う方の基本は、洗顔だといえます。クレンジングや洗顔は、美しい潤いある肌を目指すためにも、正しい方法を身に付けたいところだと思います。

クレンジング・メイク落としのポイント

どんなに高級な美容液などを使用していても、肌に大きなダメージや汚れがあっては、意味がなくなってしまいます。最近美容でも大きなキーワードになっている、肌のアンチエイジングですが、それこそまさにダメージを肌に与えないことが大切なポイントになります。毎日、できるだけ正しい洗顔とクレンジングをしていく必要があるのです。

毎日変化している肌に、上手く状態にあわせた洗顔が出来れば、肌のコンディションも整っていきます。まず毎日変化するものとしては、皮脂の分泌量と、肌の潤いが挙げられます。この二つに合わせて、洗顔にも変化を付けていくことが出来るようになれば、美しい肌をキープしていくことが出来るのでなないでしょうか

美顔になるツボは、有名アーティストをはじめとして、多くのセレブ女性がその美しさを保つために取り入れているとして話題になった美容鍼ですが、それを家庭でも簡単にできる美容法があります。
1.ちりめんジワと目の下のクマに効くツボ。黒目の真下にあるくぼみと、目尻から指の幅半分ほど外側にあるくぼみを人差し指と中指の腹で、軽く5回たたきます。それぞれのツボを交互に3回やってみましょう。さらにクマ予防は、人差し指と中指の腹で、黒目の真下のくぼみから目尻にかけて、やさしくさすること10回。リンパの流れが良くなってかなり改善されます。

2.まぶたのたるみ、額のシワの美顔ツボ。人差し指の腹を眉尻にあるくぼみにあてて、中指の腹を目頭の上の眉毛のなかにある浅いくぼみにあてて、頭頂部にむかって押し上げます。両手でそれを5秒ずつ3回繰り返しますと、まぶたのたるみの解消の効果があります。額のしわの美顔ツボですが、人差し指の腹を、黒目からまっすぐ上にある額の生え際のところにあてます。それから中指の腹を、眉毛の中央から指2本分上にあるくぼみに当てて、頭頂部にむかって引っ張り上げるように押します。もちろん左右の両方をいっしょに押します。それを5秒ずつ3回繰り返すだけで、額のシワを引き締める効果があります。これらの方法を1日15分だけ試してみてください。

美肌のために肌を知りましょう。きれいになろうとすると、どうしても外側からアプローチしてしまいがち。そこで内側からキレイにすることもしてみましょう。肌は28日間の期間を使って新しい皮膚を作ります。

いわゆる「ターンオーバー」です。これがうまく出来ていないと、どんなに高価な化粧水をつけても効果がでません。きちんと食事をすること、栄養をしっかり口から摂ること、睡眠不足はしないこと。これを守るだけで肌の奥にある細胞が元気になり、新陳代謝を促します。結果としてターンオーバーを助けることになり、美肌へつながります。

そして紫外線を防ぐことも忘れないでください。紫外線を浴びるとお肌を守る機能が働き、これ以上紫外線の進入を伏せずためにメラニンが発生します。自己防衛するほどに紫外線は肌に悪いものなのです。

それがきちんとできた上で、スキンケアをします。正しい洗顔をして水分補給をします。最後に保湿を忘れずに。さらに効果的に肌を保湿するためにローションパックを週1・2回やりましょう。化粧水を含ませたコットンを何枚かに薄く裂いて肌にぴったりと貼り付けて2・3分置くだけ。

翌朝ぷるぷる肌を実感出来るはずです。毎日頑張っていてもダメージはありますので、集中的にケアしてあげたいときもありますね。そんなときは美容液で集中ケアをしましょう。いつものスキンケアにプラスしてシミ、くすみ、乾燥など、気になるダメージに合わせて美容液を取り入れます。

特に気になる部分には重ね付けしましょう。ライスフォースの化粧品を紹介しているサイトです。芸能人も愛用する高性能コスメです。アスタリフトも今、評判の化粧品です。CMでもよく見るコスメです。

昔から、とてもニキビが出来やすい肌質なんです。学生のころも、よく皆でオールで朝まで遊んでいたりしましたが、そんなことをしてしまった後には、必ずニキビがたくさん出来ました。

大人になってからも、いわゆる大人ニキビと呼ばれるものが、たくさん出来てしまいました。社会人になり、仕事も忙しくなってさすがに朝まで遊ぶなんてこともなくなりましたが、接客業ですし、顔は第一印象を決める大事な要素ですから、最近ニキビ対策はかなりマメにやっているつもりです。

もちろんライフスタイルにも気をつけていますが、最近はしっかりスキンケアをするようにしています。中でも意識的にしているのは、洗顔です。まず、帰宅と同時に手を洗いますよね?私は、そこで一緒に顔も洗ってしまうようにしているんです。ずっとメイクしたままだと、毛穴がふさがりニキビの原因になってしまうんですよ。

そして、肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜の10時から夜中の2時は、肌が再生している時間ですから、この時間には必ず寝ているようにしています。いつもしている洗顔方法としては、肌に優しく丁寧に力をいれずに、泡で洗うという感じです。洗顔をした後は、必ずすぐにたっぷりの保湿をしています。

ニキビ用の洗顔料もよくみかけますが、私は試したことがありません。洗顔料は、肌に出来るだけ刺激の少ない天然成分で出来たものを使用するようにしています。

昔からハードな運動についていけない私は、もっぱらウォーキングが運動らしい運動です。今年はオフの日が平日無くなってしまったのでなかなか出来ないのだけど、なるべく5000歩を目指して歩くことにしています。携帯の歩数計がなかなか優れ物でエクササイズ指数もでるので、楽しくなってきました。ホントはしっかりランニングしようと思っていたのですが、思いのほか走れないことがわかり、移りゆく景色を見ながら歩くことになりました。

子どもとサッカーのパス回しやバドミントンなど遊び半分でやることもあるけど日頃体を動かす事を意識できないといけないなと反省してます。子ども達が所属するサッカーチームの保育園の子ども係になっていてときどき体験教室やイベントをするのですが、小さな子どもだからとなめているととんでもないハードな展開が待っています。

筋肉痛にもリラックスタイムにも効果的なのがストレッチ。ときどきエクササイズのクラスに行ってインプットしてきたら家で実行!あえて必ずやらなくても慣れてくると自然に体が動いてくるのが不思議です。いい汗を程よくかいてリラックスすると快眠につながります。体もほぐれてきてきれいな姿勢を考えるようになってくるのが不思議です。運動と意識しないまでもなるべく歩くとか、自転車で移動とかほどよく疲れる日常が送れるとバランスがとれるのかもしれません。

おすすめのスキンケアを紹介します。

  1. そうかもっか
  2. アユーラ
  3. 江原道

お気に入りを試してみてくださいね。

美白をする

| 美容 |

最近はきれいな人といえば色白の方というイメージがあるようです。一昔前は小麦色に焼くのが流行の時代もありましたが、今ではモデルさんも弾力のある白い肌の方が多いです。まさに「美肌ブーム」といえるのではないでしょうか。

肌を白くするにはどうしたらいいのか、美白についてきちんと理解しましょう。世間一般の考え方や友人家族、あるいはテレビで紹介されている美容法を順に試しても膨大な情報に惑わされてしまい、お金をたくさん使い込んでしまう結果になっていることも。でもいつまでもキレイで若々しい人と言われたい。美肌になるには何をポイントとしたらいいのでしょうか。

それはターンオーバー、肌表面の新陳代謝のことです。肌の細胞が奥深くで生まれ変わり、約28日かけて角質となりせりあがってきます。最後は垢(あか)となってはがれ落ちます。そう考えると肌が傷ついても再生することが理解できますね。紫外線でメラニン色素が出来ても肌の再生が活発に行われている部分にとどまっていればターンオーバーで生まれ変わるのですが、奥のほうまで色素が及ぶとずっとシミとなって残ります。

傷や紫外線、ストレスを侵入させてしまうと、シミ・シワ・たるみが出やすくなります。だからこそ、ターンオーバーを活発にして、お肌の再生を促すことが美白への近道となるわけです。

皆さんはファンデーションが肌に合わなかった経験はありませんか。人によってはファンデーションに配合されている添加物などがあわない場合があるようです。そこで調べたのが「スキンケアファンデーション」です。ひとくちにスキンケアファンデーションと言っても様々な化粧品があるので自分の肌質と目的にあったものを選びましょう。

最近では、美肌効果のある美容液ファンデーションが人気ですが、パウダータイプとリキッドタイプでその効果にも違いが出るようです。特にお馴染の美肌成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「コエンザイムQ10」などは、濃度と浸透力がポイントとされています。そういう面から見てリキッド系の方が皮膚の内部まで浸透しやすい製品が多いようです。

美容効果を期待する意見としては、乾燥によるシミ・シワ・肌のくすみやたるみ・保湿・毛穴カバーなど。油分過多で脂性の人は、鼻など顔の肌のテカリを抑えたいこと、化粧崩れがしにくいことなどの要望が多いようです。最低限、これらに対応できる上でさらに美容液の効果をプラスしたものが理想のスキンケアファンデーションです。

※人気のミネラルファンデーションと言えば、オンリーミネラル ファンデーションですね。

さらに、敏感肌の方も使えることが出来たらかなりニーズにこたえてくれているといえますね。ファンデーション美容液の中には、1分間もいらないで付けられて色むらが出にくい物もあります。 なかでも、話題を呼んでいるのが「オンリーミネラルファンデーション」です。文字通り、ベースメイクはこれ一本で済む事、万が一クレンジングを忘れてしまっても心配ないくらい肌に優しいことなどが人気の理由のようです。